HOME > お金の学校 > 海外でのキャッシングカード不正利用をどう防ぐのか考えてみた

海外でのキャッシングカード不正利用をどう防ぐのか考えてみた

最近はキャッシングカードの不正利用が頻発しています。
警視庁や消費者金融業界からも警笛が鳴らされており、その深刻さを物語っています。
ただこれらキャッシングカードの不正利用は、カードローン利用者側の心構えによってその発生率を減少させることができます。
例えば暗証番号を定期的に変更したり、スキミング対策を行うなどです。
しかし当サイトの記事「キミは今すぐお金が必要なのか!?」でも書きましたが、海外での不正利用は防ぎようがありません。
そこで今回は海外でのキャッシングカード不正利用事例を見ながら、少しでもその被害を減らすべく、その対策を考えてみたいと思います。

海外でキャッシングガードを悪用された女性の事例

先日、海外旅行をした時のお話です。
某消費者金融で作ったキャッシングカードは、クレジット機能も付いており海外でも利用できると評判のものでした。
そのため現地のデパート(現地では大手のデパート)で買い物をした際、キャッシングカードで支払いをしようと、店員さんにカードを渡しました。
しかし、カードリーダーにカードを通すもエラーばかり。
店員さんがカードの読み取り部分(金色のICの部分)を一生懸命拭いて、再度挑戦するもエラーで使用できず…。
直前まで他のお店で使えたカードですが、急に使えなくなってしまいました。
持っていた他のカードを渡すも、同じく読み取りエラーで使えませんでした。
店員さんも申し訳なく思ったのか、やたらとカードの読み取り部分を拭いていました。
そして、拭きすぎたのか、拭いていた布が悪かったのか、読み取りのIC部分に大きな傷がついてしまいました。
店員さんが「ソーリー」と謝ってくれたので、しかたないとは思いますが、日本に帰国後、傷がついたカードでも使用できるか試してみましたが、やはり読み取りが出来ず、そのカードは使えなくなってしまいました。
おそらく、そのお店では他のカードも全て読み取りが出来なかったので、カードリーダー側に問題があったのだと思います。
カードが使用できないならば、すぐに現金払いに変更するべき(その時は現金の持ち合わせがありませんでした)でした。